更年期(中高年 女)のコンプレックス改善サイト

目尻まで綺麗にカールアップ♪ビューラーで簡単アンチエイジング!!

「ビューラーなんてどれも同じ?!」

「ビューラーなんて面倒くさい!!」

と思っているあなた(-ω-)/

ご自分の目の形にぴったり合ったビューラーで

上手にまつ毛をアップさせると

自然と瞼(まぶた)も引きあがるって知ってますか?!!

 

そして・・・

目が大きくなるのですよヽ(^。^)ノ

 

なので

ビューラーをしないなんて

凄くもったいないのです(#^.^#)

 

瞼がたるんでくると、まつ毛と一緒に挟んでしまいやすいのですが ・・・

今日は、たるんだ瞼も奥二重も

ビューラーで皮膚をはさまずにカールアップさせる

とっておきの技をシェアしちゃいます(#^.^#)

「しっかり上向きカール」も「ナチュラルカール」もビューラーひとつで自由自在

まつ毛が短い方もokなので是非チャレンジしてみてくださいねこうすると。

 

上手なビューラーの使い方は

ビューラーをまつ毛の生え際から挟んで少しずつずらしながらカールをつけていきます。

・生え際から毛先に向かってビューラーを少しずつ傾けてマブタと垂直になるくらいまで持ち上げていきます。

・少しずつずらして毛先までビューラーをあてると、丸くて綺麗なカールに仕上がります。

(まつ毛の短い方で3か所 長い方は5か所くらい)

・奥二重の場合は、生え際より少し離した所からビューラーを挟む方が、マブタにまつ毛が刺さらなくていい感じに仕上がります。

 

奥二重のビューラーのコツは・・・

顔の正面に鏡をおいて

アゴを突き出して、目は鏡を斜めに見下ろす様にしながらまつ毛をビューラーではさむと、まつげの生え際(根本)を挟めます!

こうすると

まぶたの皮膚を挟まずにすみますよ(^_-)-☆

 

逆にアゴを引いてビューラーを使うと

まつ毛が挟みにくい上に、まぶたを挟んでしまいますので要注意です。

 

それでもビューラーで瞼を挟むのはなぜ?

年齢とともに瞼(まぶた)が下がってきて・・・

奥二重になって・・・

ビューラーで上げようとしたら瞼を挟んでしまったり・・・

失敗して「ひじき」みたいなまつ毛になった・・・

そんなマダムを声が聞こえてきそうです(#^.^#)

それは、ビューラーの形とご自身の瞼の形が合ってないからなんです。

フィットしてないからなんです!!

まつげのカールアップの失敗の原因はフィット感にあり!!

ビューラーでうまくカールアップできない原因は、ビューラーとお肌がフィットしていないことが多いです。

マダムたちの定番、資生堂のビューラー「213」(参考価格800円 税抜)

実は・・・

資生堂の店員さんは

「大概の方は、この「213」のビューラーで大丈夫です。」と言ってましたが(´・ω・`)

私は、資生堂の「マキアージュ」」(参考価格1,000円 税抜)のビューラーの方が奥二重やたるんだ瞼には向いているように思います。

当サロンの化粧室にはこの2本を置いてご自由に使っていただいています(#^.^#)

奥目でビューラーが目の周りの骨に当たって使いにくい方や、まぶたのお肉に厚みがある方にも「マキアージュ」は使いやすいと好評ですよ!!

 

○資生堂「213」のビューラーはカーブが深い。

○資生堂「マキアージュ」のビューラーはカーブがゆるい。
資生堂の店員さんが言われていた通り

大概の方は、「213」が合っているようです。

しかし奥二重の方には「マキアージュ」がフィットしやすいようです

 

元々の奥二重はもちろん

年齢を重ねて奥二重になってしまった方も

「マキアージュ」は、しっかりまつ毛をキャッチできるので、上手くカールアップしますよ!

ドラッグストアで売ってます(^_-)-☆
ほんのちょっとの練習で、まつ毛って簡単にあがるのです!!

ほんのちょっとのビューラーでアンチエイジングできちゃうのです( *´艸`)

 

いろいろなクレジットカードデザイン