更年期(中高年 女)のコンプレックス改善サイト

濃いシミや肝斑まで消すハイドロキノンは使い方を間違えると危険!!

濃くなった濃いシミや肝斑までも改善させて消してくれるハイドロキノン(^.^)

ただ塗れば良いって思ってませんか?

使い方をしっかり守れば濃いシミや肝斑も綺麗に改善させてくれるハイドロキノンですが・・・

間違った使い方をすると
改善どころか悲しい結果になってしまいます((+_+))

ハイドロキノンご使用にあたり注意すること

●二の腕にパッチテストして、アレルギーがないことを確認してから使用しましょう。

●ハイドロキノンを使用中は乾燥しやすいため、ハイドロキノンクリームをつけた後に化粧水をたっぷり使うことをオススメしております。

●あとは普段通りのお手入れをしてくださいね!!

●水分が乾燥しないよう化粧水の後は乳液でしっかりと蓋をしてくださいね(^v^)

●ハイドロキノンを塗って紫外線にあたるのはNGです。かえってシミを濃くしてしまいます。

●ハイドロキノンをご使用するのは夜だけをおすすめしておりますが、朝も使用したい場合には必ず日焼け止めも忘れないように!!

室内にいても紫外線が入ってくる可能性がある場合は油断せず日焼け止めを忘れないでね!!

2度うれしいUV美白!!《ホワイティシモ》で納得のいく美肌へ


●肝斑は摩擦や刺激により悪化するので、肝斑部分にコスメや日焼け止めを塗布する時には優しさを忘れずに!!パッティングはダメダメ(/_;) 優しくね〜(^v^)

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

日焼け止めは、こちらの方が簡単と言うお客様増えてます(*^^)v
     ↓↓↓
紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に



昔は医療機関の専用クリームだったハイドロキノン

昔、ホルモンバランスやストレスの影響で、濃いシミや肝斑が顔中に広がって気にしていた母が、皮膚科クリニックでハイドロキノン配合のクリームを処方してもらっていました。

濃いシミも肝斑も劇的に薄く改善し、ナチュラルメイクどころか、日焼止めオンリーのメイクなしでもOKな程!!

濃いシミも肝斑も薄く綺麗になったのを覚えています。

なので「濃いシミや肝斑を改善したい。薄くしたい。消したい。」

とのご相談があったお客様には

母が通院していたクリニックをご紹介してました。

が・・・
当時はクリニックでしか扱う事が出来なかった「ハイドロキノン 」ですが、2001年の薬事法改正以降、化粧品に配合することが可能になりました。

なので、今はクリニックに行かなくてもお手軽に買えちゃうから嬉しいですね!!

効果は本当に素晴らしいです(*^^)v

ハイドロキノンの美白効果は一般的な美白成分(ビタミンCやコウジ酸等)の約100倍!!
現段階では、肝斑や濃くなったシミを薄くする成分は「ハイドロキノン」以上に効果的なものは無いとされています。

~~ ~~ ~~ ~~ ~~

ハイドロキノン情報はこちら
   ↓↓↓
肝斑改善!!ハイドロキノンで薄くした!!

~~ ~~ ~~ ~~ ~~

敏感肌のためハイドロキノンは心配って方は
   ↓↓↓
肝斑改善!!ハイドロキノンは合わないけど肝斑を薄くしたい!!

~~ ~~ ~~ ~~ ~~

毎日する洗顔で「肝斑」や「濃いシミ」が薄くなったら嬉しくないですか?

 肝斑を薄くする洗顔は絶対にこれ!!
    ↓↓↓
「クレンジング洗顔で肝斑を薄く&アンチエイジング」

~~ ~~ ~~ ~~ ~~

肝斑をちゃちゃちゃっとメイクで隠しちゃいませんか~?(*^^)v
   ↓↓↓
肝斑をナチュラルメイクで隠す方法

肝斑を手っ取り早くエステで改善したい場合

医師が開発した「肝斑に特化したコース」がありますよ〜(^^)v
↓↓↓
《肝斑美白 メガ導入コース》
《ハイドロキノン》を専用マシンで肝斑の深部まで99%も直接浸透させるので、濃い肝斑も消す事が可能(^^)v。

エステで悲しい体験をしない為に「肝斑改善 エステサロンの上手な利用方法」も是非読んで下さいね(^^)